【解説】DXの身近な導入事例と今後必要とされる人材のスキルとは

訪問して頂きありがとうございます。

この記事では、DX(Digital Xransformation)について、

  • DXってなに?定義がよく分からない?
  • DXって自分たちの身近に導入されているの?
  • 今後、必要とされるDX人材になるために必要なスキルは?

こういった疑問に答えます。

この記事は、国家資格情報セキュリティマネジメントを持つ僕が経済産業省が公表している【DX推進指標】【ものづくり白書】などの情報を元に書いています。

本記事の内容

1.DXの定義をわかりやすく説明すると
2.DXの身近な導入事例を5件紹介
・ユニメイト
・家庭教師のトライ
・ヤマハ発動機株式会社
・日本マクドナルド
・Amazon
3.今後、必要とされるDX人材になるために必要な5つのスキル
・IT分野の基礎知識
・先進技術に関する知見
・プロジェクト・マネジメントスキル
・挑戦心
・課題発見スキル
4.まとめ:DXについて身近な導入事例や今後必要とされる人材とは?

この記事を参考にして頂ければ、DX(Digital Xransformation)についての定義や導入事例・必要とされる人材がわかるので、DXの導入や転職する時のアドバンテージ(優位性)を持つことができます。

DXの定義をわかりやすく説明すると

DXとは?

この章では、DXの定義をわかりやすく説明します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術によって、人々の生活をよりよいものに変革することを意味しています。

経済産業省が令和元年7月にまとめた「『DX推進指標』とそのガイダンス」では、DXを次のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

出典:『DX推進指標』とそのガイダンス

ちなみに英語では、Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)と表記されますが英語圏では、Trans】【Xrans】と表記するため【DX】と略されています。

DXの身近な導入事例を5件紹介

身近な導入事例

この章では、DXの身近な導入事例を5件します。

  • ユニメイト
  • 家庭教師のトライ
  • ヤマハ発動機株式会社
  • 日本マクドナルド
  • Amazon

1.ユニメイト

ユニメイトは、レンタルユニフォーム事業を主軸に各種ユニフォームの企画・生産・販売やクリーニングまでを手がける企業。

DXの取り組みとしては、AI画像認識を活用した自動採寸アプリ『AI×R Tailor(エアテイラー)』を開発。サイズ測定対象者の背面・側面の写真と基本データ(身長・年齢・体重・性別)から適したサイズがフィードバックされる仕組みを構築している。

2.家庭教師のトライ

トライグループは『家庭教師のトライ』をはじめとした教育事業を幅広く手がけている企業。

DXの取り組みとしては、従来の家庭教師や塾に留まらず、リモートで授業が受けられる「Try IT」というスマホやタブレットにも対応した映像授業サービスの開発やオンライン授業に特化した教室を設立するなどしている

3.ヤマハ発動機株式会社

ヤマハ発動機は、主に小型船舶やバイクといった製品の開発を手掛ける企業。

DXの取り組みとしては、小型自動車の自動化やコネクテッドカー(次世代移動通信システムを備えた車)を実現することにより、温室効果ガスの排出量削減や交通渋滞の緩和といったさまざまな社会課題の解決に繋げています。

4.日本マクドナルド

日本マクドナルドは、ハンバーガーレストランチェーンのマクドナルドを経営する企業。

DXの取り組みとしては、店内飲食以外の販売ルートであるテークアウトやデリバリーを増やすため、スマホアプリから事前注文・決済するモバイルオーダーとオンラインデリバリーサービスのUber Eats(ウーバーイーツ)を導入するなどしています。

5.Amazon

Amazonは、アメリカの多国籍テクノロジー企業

DXの取り組みとしては、2017年にシアトルに“レジなし”のコンビニ「Amazon Go」を開店させました。Amazon Goでは、商品を手に取り、自分のかばんやポケットに入れて店を出るだけで、決済が完結します。今までは支払いのために混雑したレジに並ぶ行為をデジタルに置き換えました。

今後、必要とされるDX人材になるために必要な5つのスキル

DX人材に必要なスキル

この章では必要とされるDX人材になるため5つのスキルを解説します。

  • IT分野の基礎知識
  • 先進技術に関する知見
  • プロジェクト・マネジメントスキル
  • 挑戦心
  • 課題発見スキル

1.IT分野の基礎知識

DX人材になるために必要不可欠なのが、ITに関する基礎知識です。

コンピューター、アプリケーション、ネットワークを使いこなすITスキルやITリテラシーはもちろん必要で、合わせて経営の知識があれば役に立ちます。

じゃあどうやったら自分がITに関する基礎知識がある人材だと証明することができるのか?
それは、資格を取得するのが一番の近道で、オススメする資格は【国家資格 ITパスポート】です。

ITパスポートは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

なお、ITパスポートに合格できる勉強方法は下記の記事で解説しています。

先進技術に関する知見

DXは、AI、IoT、ブロックチェーン、RPAなど、先進技術に関する知見や常に更新されるデジタル技術を駆使し、現状のビジネスを変革し続けていくというもの。

先端技術に関する情報やトレンドを常にキャッチし、ビジネスにどのように取り入れることができるかを模索する必要があります。

プロジェクト・マネジメントスキル

DXを実現するためには、現状のプロジェクトの課題を、常に把握・検討していくという作業が欠かせません。

例えば品質・コスト・納期といった前提条件やプロジェクトの実施計画を策定・管理して、プロジェクトに必要な人員や資源を確保します。

その時々の状況に合わせた調整が必要になります。

挑戦心

DXによる課題の解決は決して簡単なものではありません。成功するまでに長い時間を要することはもちろん、成功するまでには数多くの失敗を乗り越える必要があるでしょう。

困難な課題であっても「現状を変える」という強い意志をもち、挑戦するマインドが重要です。

課題発見スキル

課題発見スキルがあれば現状のやり方を精査し、問いを持ち続けながら新たな視点で問題点をみつけ、従来にないやり方で業務効率化を実現することができるかもしれません。

現状を分析しどこに課題や改善の余地があるかを見極められる課題発見力を活かすことで業務効率化の糸口を見つけることにつなげられます。

まとめ:DXについて身近な導入事例や今後必要とされる人材とは? 

DXについて、まとめ

この記事では、DX推進に携わる方にぜひ知っていただきたい内容 を導入事例、人材、の二つの切り口でコンパクトに解説しました。

  • DXとはデジタル技術によって変革すること
  • 身近な所でDXの導入はおこなわれている
  • DX人材になるためにスキルとマインドが必要

現在、DXの必要性に対する認識は高まりつつあるものの、ビジネスをどのように変革していくか、具体的な方向性を模索しているうえ必要なスキルを持った人材が不足しているので、導入事例の知識やDXに必要なスキルを持った人材の需要は、ますます高くなると言われています。

今回の記事は、国家資格情報セキュリティマネジメントを持つ僕が経済産業省が公表している【DX推進指標】【ものづくり白書】などの情報を元に書いていますので、参考にしていただき、DXの導入や転職する時のアドバンテージ(優位性)にしてください。

DX人材のスキルを身に付けて転職を考えている方は、下記の転職サイトがオススメです。

私も転職する時に利用が転職サイト・転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。
どのサイトも登録は5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

・レバテックキャリア※会員登録は無料
DODA※会員登録は無料

最後まで読んで頂きありがとうございます。

以上「【解説】DXの身近な導入事例と今後必要とされる人材のスキルとは」の記事でした。See you later

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村   人気ブログランキング

shingo現役サラリーマン

投稿者の過去記事

◇このブログでは、15年以上DTPオペレーターとして、学んできたDTPやパソコンのセキュリティ知識・参考になった書籍などを紹介しています。
たまに、脇道にそれることもあります

◇取得資格
・情報セキュリティマネジメント
・ITパスポート
・色彩検定 2級
・色彩検定 UC級
・屋外広告士
その他・・・・

 【a】Uber Eats オーダープログラム

プロフィール

ナカガワシンゴ

Shingo
鹿児島県在住
現役サラリーマン

◇このブログでは、15年以上DTPオペレーターとして、学んできたパソコンのセキュリティ知識や参考になった書籍などを紹介しています。
たまに、脇道にそれることもあります

◇取得資格
・情報セキュリティマネジメント
・ITパスポート
・色彩検定 2級
・色彩検定 UC級
・屋外広告士
その他・・・・

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

使用中のWPのテーマ

使用中のレンタルサーバー

ピックアップ記事

  1. メルカリハイ
    フリマアプリ「メルカリ」を利用している人達の意識・実態調査の結果がメルカリ総合研究所より発表がありま…
  2. 雪山
    ノートパソコンで長時間の作業や、動画編集などの高い負荷のかかる作業を行なっていると、ノートパソコ…
  3. mercari_logo_vertical
    メルカリとは、スマートフォン向けのC2CのECサービスを提供する日本の企業、および、同社が提…




PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。