このサイトはアフィリエイト広告を利用してます

【無料で簡単】MacBook Airのセキュリティ対策!5ポイント

いつも訪問していただきありがとうございます。
今回は、MacBook Airを「初めて購入した・すでに使っている」人むけに、

1.セキュリティ対策は何をしたらいいの?
2. 外部からの攻撃や不正アクセスからファイルを守ら方法は?
3. パスワードの設定って、どおすればいいの?

こんな課題を解決する方法をご紹介します。

この記事を書いている僕は、国家資格【情報セキュリティマネジメント】を
保有し、Aplle歴は15年以上ほど。
現在もMacBookAirを使ってブログの執筆やデザインをおこなっています。

MacBook Airは軽量かつ持ち運びに便利なことから、
ビジネスマンや学生など幅広い層に愛用されていますが、
セキュリティ対策を怠ると重要な情報が漏洩するリスクもあります。


そこで、今回はApple公式サイトなどの情報を参考にMacBook Airに実施すべき、
セキュリティ対策を5つのポイントに注目して解説しています。

■セキュリティの重要性
■セキュリティ対策の5ポイント
■MacBook Airのセキュリティ対策のまとめ

是非、本記事を参考にして様々な脅威から、あなたのMacBook Airを守ってください
それでは、どうぞ



セキュリティの重要性

疑問に思う女性
MacBook Airのセキュリティは非常に重要です。

現代は、個人や企業の重要な情報がオンラインで取り扱われるため、セキュリティの脅威も増加しているからです。

セキュリティ対策を怠ると、ハッカーやマルウェアなどの脅威に、さらされる可能性が高まるうえ自分自身だけだはなく、周りの人も巻き込んでしまう恐れもあります。

適切な対策を講じることで、ハッカーやマルウェアなどの脅威を防ぎ、安全にMacBook Airを使うためにもセキュリティ対策が重要になってきます。

マルウエアの種類や脅威については【マルウェアの種類を10分で解説!明日ついつい周りに話したくなる】で詳しく解説しています。



セキュリティ対策5ポイント

5つの星
 前項ではMacBook Airを安心して使う為に、適切なセキュリティ対策を講じることが重要だとお話しました。

では、MacBook Airに、どのようなセキュリティ対策をしたらいいのでしょうか。
この章では、MacBook Airに実施すべきセキュリティ対策のポイントを5つ紹介していきます。

・ソフトウェアを最新の状態にする
・パスワードを強固なものを設定する
・ファイルを暗号化する
・ファイヤーウォールを有効する
・バックアップ設定をする

ソフトウェアを最新の状態にする

MacBook Airを安全に使用するためには、ソフトウェアを最新の状態にしておくことが重要です。

なぜなら最新のソフトウェアは、新機能や改善されたパフォーマンス、セキュリティの向上などのメリットがあるからです。

具体的に、ソフトウェアのアップデートは、以前のバージョンで見つかったセキュリティ上の脆弱性やバグの修正が含まれています。
これにより、最新のセキュリティパッチが適用され、悪意のある攻撃からMacBook Airを守ってくれます。

なので、ソフトウェアは常に最新の状態にしておきましょう。

パスワードを強固なものを設定する

パスワードはセキュリティの基本です。
強固なパスワードを設定することで、MacBook Air内のデータや利用しているインターネットサービスの安全性を高めてくれるからです。

強固なパスワードを作成するためには、長さと複雑性の両方が重要で、一般的には、8文字以上の長さが目安とされ大文字と小文字の組み合わせ、数字、特殊文字を含めることで複雑性を高めることができます。

例えば、「P@ssw0rd!」のようなパスワードは、長さと複雑性の両方を備えています。

セキュリティを向上させるためにも、パスワードは強固なものに設定しましょう。

また、Macのパスワード管理ツールを利用することで、日々増えていくパスワードを簡単に管理することができます。

Macのパスワード管理については「【最新情報】MACのとるある機能を利用すればパスワード管理が楽になる」で詳しく説明しています。

ファイルを暗号化する

ファイルを暗号化すると、第三者がデータを閲覧できない状態にでき情報漏えいやファイルの改ざん防止に役立ちます。

MacBook Airでは、【FileVault】という機能を使用してディスク全体を暗号化することがで、
これによりディスクに保存されたすべてのファイルやデータが暗号化され、不正なアクセスから保護されます。

FileVaultを有効にするには、以下の手順を実行します。

1. Appleメニューから「システム環境設定」を選択します。
2. 「セキュリティとプライバシー」をクリックします。
3. 「FileVault」タブを選択し、 「FileVaultを有効にする」をクリックします。
4. ディスクが暗号化されるまで、MacBook Airを起動しておいてください。

FileVaultを有効にすることでファイルを暗号化し情報漏えいやファイル改善などを防ぐことができます。

ファイアウォールを有効にする

ファイアウォールを有効することで、外部からの不正アクセス攻撃からMacBook Airを
保護することができます。

「ファイヤーウォール」は、ユーザーがおこなうインターネット観覧やメールなどは、
許可しつつユーザーが許可しないしない外部からの通信は遮断してくれる機能
だからです。

MacBook Airでのファイアウォールの設定方法を以下の手順で実行します。

1. メニューバーの左上にある「Appleロゴ」をクリックします。
2. 「システム環境設定」を選択します。
3. 「セキュリティとプライバシー」をクリックします。
4. 「セキュリティとプライバシーのウィンドウ」で、上部のタブから「ファイアウォール」を選択します。
5. 「ファイアウォールをオンにする」オプションをクリックします。
※左下の【ロック】が設定されている場合は、ロックを解除する必要です。

以上がMacBook Airでのファイアウォールの設定手順です。

ファイアウォールを有効にすることで、外部からの不正アクセスやネットワーク攻撃を防ぎ、
デバイスのセキュリティを向上させることができます。

データバックアップの設定をおこなう

MacBook Airを日常的に使用していると思わぬトラブルから大切なデータが消失することがあります。
そんなときにバックアップを設定しておけば、システムやデータを復元できます。

MacBook Airには標準アプリとして【Time Machine】というバックアップアプリがあり、
日々更新されていくデータをバックアップすることができます。

MacBook AirでTime Machineを有効にするには以下の手順で実行します。

1. Time Machine用の【外部ストレージ(外付けHDDやSDDなど)】を
MacBook Airに接続します。
2. メニューバーの左上にある【Appleロゴ】をクリックします。
3. 【システム環境設定】を選択します。
4. 【Time Machine】をクリックします。
5.「Select Backup Disk」ボタンをクリックします。
6. Time Machineで使用する外部ストレージが表示されますので、選択します。
※もし接続したストレージが表示されない場合は、「Show All Disks」オプションをクリックして、利用可能なストレージを表示させます。
7. 「Use Disk」ボタンをクリックしてバックアップを開始します。
※初回のバックアップは時間がかかる場合がありますので、MacBook Airを電源に接続しておくことをお勧めします。

以上がMacBook Airでの【Time Machine】の設定手順です。
Time Machineを設定することで、定期的にバックアップが作成され、データの消失を防ぐことができます。



MacBook Airのセキュリティ対策のまとめ

黒板にまとめ
今回、紹介した5つのセキュリティ対策を実施することで、

・ソフトウェアを最新の状態にする
・パスワードを強固なものを設定する
・ファイルを暗号化する
・ファイヤーウォールを有効する
・バックアップ設定をする

MacBook Airをより安全に使用することができます。

MacBook Airは素晴らしいパフォーマンスと使いやすさを提供しますが、そのセキュリティ対策も重要です。
セキュリティに関する意識と適切な対策を講じることで、MacBook Airを安全に活用し、
様々なセキュリティの脅威から、あなたのMacBook Airを守ってください

というわけで、今回は以上です。

〈【無料で簡単】MacBook Airのセキュリティ対策!5ポイント〉
最後まで読んでいただき有難う御座いました。



ガネメ現役サラリーマン

投稿者の過去記事

◇このブログでは、15年以上DTPデザイナーとして、学んできたデザインやパソコンのセキュリティ知識・参考になった書籍などを紹介しています。
たまに、脇道にそれることもあります。

◇このブログはアフィリエイト広告を利用しています

◇取得資格
・情報セキュリティマネジメント
・ITパスポート
・色彩検定 2級
・色彩検定 UC級
・屋外広告士
・第2種電気工事士
その他・・・・

プロフィール

face

ガネメ
鹿児島県在住
現役サラリーマン

◇このブログでは、15年以上DTPデザイナーとして、学んできたデザインやセキュリティ知識、参考になった書籍などを紹介しています。
たまに、脇道にそれることもあります

◇取得資格
・情報セキュリティマネジメント
・ITパスポート
・色彩検定 2級
・色彩検定 UC級
・屋外広告士
・第2種電気工事士
その他・・・・

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

使用中のレンタルサーバー

ピックアップ記事

  1. Illustratorスクリプトで図形を描きたい 図形のサンプルコードを学習した…
  2. Illustratorスクリプトが動作しないを解決する5つの対応法
    コード同士を接続したら動かなくなった エラーが表示されて動かない アッ…
  3. Illustratorの便利機能
    Illustratorの作業を自動化したい EXCELのマクロみたいな機能を探し…




PAGE TOP