このサイトはアフィリエイト広告を利用してます

Illustratorscript 画像ネームを取得

【時短】選択画像のファイル名を自動取得!してくれるIllustratorスクリプト

訪問していただきありがとうございます。

Illustratorの作業で、困っていませんか?

  • 配置画像に「引用・出典」を追加したい
  • 配置画像の名前を追加したい
  • 配置画像のリンクパスを追加したい

今回は【選択画像のファイル名を自動取得!】してくれるスクリプトを作成しましたので、ご紹介いたします。
ぜひ、今回紹介するスクリプトを使っていただきデザイン作業の時短に繋げてください
それでは、どうぞ

Profile
この記事を書いている私は、DTPデザイナーとしてIllustratorの操作経験が15年以上あり、スクリプトも自分の業務で必要になったものを自ら作成し、デザイン作業の効率化を図っています。
最近では、当ブログでも自作スクリプトを公開しています。

本記事の内容

1.「画像名を自動取得」スクリプトの概要
2.「画像名を自動取得」スクリプトコード
3.注意事項と免責事項
4.「画像名を自動取得」紹介のまとめ



1.「画像名を自動取得」スクリプトの概要

スクリプト概要

【get_imageName】は、僕がJavaScriptベースに自作したIllustrator用のスクリプトです。
まず、この章でスクリプトのポイントや使い方について解説します。

「画像名を自動取得」スクリプトのポイント

本スクリプトのポイントは3つあります。

・選択した画像のファイル名を取得してテキストとして追加してくれる
・選択した画像のリンクパスを取得してテキストとして追加してくれる
・選択した画像に「引用・出典先」を追加してくれる

スクリプトの入手方法

本スクリプトは、以下からサンプルとしてダウンロードすることができます。
ダウンロードと使用については「注意事項と免責事項」に記載していますので、お読みください
スクリプトDL:gridLien.jsx

スクリプトの使い方

本スクリプトは、下記の手順で使うことができます。

  • STEP1.画像を選択する
  • STEP2.スクリプトを起動する
  • STEP3.追加する項目を選択する
  • STEP4.「OK」ボタンをクリック

スクリプト動作プレビュー
なお、次の記事ではそもそもIllustratorスクリプトってどう使うのか、その活用事例を交えて紹介しているので良ければ参考にしてください。

次の章では、スクリプトのソースコードをコメントアウト付きで公開していますので参考にしてください。



2.「画像名を自動取得」スクリプトコード

スクリプトコード
この章では、【get_imageName】のスクリプトコードについて解説しています。
処理条件や文法など、ファイル名を取得するコードの参考にしてください。

なお下記の記事では、Illustratorスクリプトを自作する方法についてスクリプトコードの事例を交え解説しているのでよければ参考にしてください。

 
//illustratorを起動させる
#target illustrator 
//スクリプトが実行する仮空間を#targetengineで設定
#targetengine main 
//ウインドウパネルの設定ここから
var win = new Window("dialog","画像に文字列を追加",);
var check01 = win.add("radiobutton",[10,10,150,30]," ファイル名");
var check02 = win.add("radiobutton",[10,40,150,60]," ファイルパス");
var check03 = win.add("radiobutton",[10,70,150,90],"その他テキスト");
var edittext = win.add("edittext",[10,93,150,120],);
var okBtn = win.add("button", [10,130,150,170], "OK");
var noBtn = win.add("button",[10,130,150,170],"キャンセル");
//ウインドウパネルの設定ここまで
//初期設定ここから
check01.value = true;
check02.value = false;
check03.value = false;
//初期設定ここから
noBtn.onClick = function() {
          win.close();
}
okBtn.onClick = function action() {
    win.close();
     var docObj = activeDocument;
     var selObj = docObj.selection;
     var aLayerObj = docObj.activeLayer;
    var changeText =File.decode (edittext.text);  //入力された文字をテキストに変換
    
    if(selObj >= 0){
        var images = docObj.placedItems;
        for (var i = 0; i < images.length; i++){
            try{
                images[i].selected = true;
            }catch(e){};
         };
    };
     try {
      //ファイル名の取得ここから
      var imgObj = docObj.selection;
             if(check01.value === true){
            for (var i = 0; i < imgObj.length; i++){
            var fileName = imgObj[i].file.name;
            var txtObj = docObj.textFrames.add();
            txtObj.contents = File.decode (fileName);
            txtObj.paragraphs[0].size = 10;
            txtObj.left = imgObj[i].geometricBounds[2];
            txtObj.top = imgObj[i].geometricBounds[3]-5 ;
            txtObj.paragraphs[0].justification = Justification.RIGHT;        
            };
        //ファイル名の取得ここまで
        //ファイルパスの取得ここから
        }else if(check02.value === true){
            for (var i=0; i < imgObj.length; i++){
            var filePath =  imgObj[i].file.fullName;
            var txtObj = docObj.textFrames.add();
            txtObj.contents = File.decode (filePath);
            txtObj.paragraphs[0].size = 10;
            txtObj.left =  imgObj[i].geometricBounds[2];
            txtObj.top =  imgObj[i].geometricBounds[3]-5 ;
            txtObj.paragraphs[0].justification = Justification.RIGHT; 
            };
        //ファイルパスの取得ここまで
        //その他テキストの取得ここから
        }else if(check03.value === true){
             for(var i = 0; i < imgObj.length; i++){
            var filePath =  imgObj[i].file.fullName;                        // エラー判定に用いる
            var txtObj = docObj.textFrames.add();
            txtObj.contents = changeText;
            txtObj.paragraphs[0].size = 10;
            txtObj.left =  imgObj[i].geometricBounds[2];
            txtObj.top =  imgObj[i].geometricBounds[3]-5 ;
            txtObj.paragraphs[0].justification = Justification.RIGHT;
            };
      };
       //その他テキストの取得ここまで
        }catch(e){
            alert ("リンク画像以外が選択されています。");
        }; 
  
};
/*プロパティの説明ここから
File.decode:エンコードされた文字を元に戻す
placedItems:リンク配置画像
paragraphs:段落
justification:文字揃え
geometricBounds:座標
selected:選択する
selection:選択中のオブジェクト
プロパティの説明ここまで*/
win.center();
win.show();



3.注意事項と免責事項

注意している女性
本記事に記載してあるスクリプトを実行した結果生じるトラブルに関しては一切の責任を負いません。またIllustratorのアップデートにより動作が変わってしまう可能性もあります。アップデートによる動作の不具合に関しては、対処しかねるので予めご理解ください。
最後に本記事で配布しているスクリプトを無断で転送・販売・配布することは禁止いたします。



4.「画像名を自動取得」紹介のまとめ

SUMMARY
今回は、「選択画像のファイル名を自動取得してくれる」スクリプト【get_imageName】について紹介してきました。

このスクリプトは、選択した画像のファイル名やリンクパスを画像右下にテキストで追加してくれるため、Illustrator上で写真のサムネ一覧を作成するのに便利です。
ぜひ【get_imageName】スクリプトを日常の業務で利用してみてください。

なお、Illustratorスクリプトについて学習してみたいと思った方は、次の記事でおすすめの書籍とWEBサイトについて紹介しているので良ければ参考にしてください。

というわけで今回は以上です。
『【時短】選択画像のファイル名を自動取得!してくれるIllustratorスクリプト』を最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング


ガネメ現役サラリーマン

投稿者の過去記事

◇このブログでは、15年以上DTPデザイナーとして、学んできたデザインやパソコンのセキュリティ知識・参考になった書籍などを紹介しています。
たまに、脇道にそれることもあります。

◇このブログはアフィリエイト広告を利用しています

◇取得資格
・情報セキュリティマネジメント
・ITパスポート
・色彩検定 2級
・色彩検定 UC級
・屋外広告士
・第2種電気工事士
その他・・・・

プロフィール

face

ガネメ
鹿児島県在住
現役サラリーマン

◇このブログでは、15年以上DTPデザイナーとして、学んできたデザインやセキュリティ知識、参考になった書籍などを紹介しています。
たまに、脇道にそれることもあります

◇取得資格
・情報セキュリティマネジメント
・ITパスポート
・色彩検定 2級
・色彩検定 UC級
・屋外広告士
・第2種電気工事士
その他・・・・

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

カテゴリー

使用中のレンタルサーバー

ピックアップ記事

  1. Illustratorスクリプトでアウトラインチェック
    訪問していただきありがとうございます。 アウトライン漏れがないかチェックしたい …
  2. 訪問していただきありがとうございます。 入稿データが指定バージョンで保存されているか確認…
  3. CSVから新規ドキュメント作成
    訪問していただき、ありがとうございます。 CSVのデータから大量のドキュメントを効率的に…




PAGE TOP